welcome to_.png
NEW_title.png

電子回路から量子エレクトロニクスまで幅広い技術を習得電子工学で無限の可能性を先端を走る環境で能力の向上をWelcome to Koga-Laboratory Website!就職に有利な電子工学研究開発を通して自己実現を目指そう!

topbg_top.png

NEWS

2016.12.9
OFC 2017 Conferenceへの論文採択通知がありました。
「Optical 16-QAM Signal Homodyne Detection by Extracting +/-π/4 and +/-3π/4-Phase Symbols」
(2017年3月19日〜23日ロサンゼルスにてOFC Conferenceが開催され、23日に発表を行います)

2016.11.10
IEICE-OCS11月研究会(光通信システム研究会)(@長崎)に参加しました。
M2 久田君発表「マイクロコンピュータ制御自動引き込みヘテロダイン位相同期ならびにQPSKホモダイン検波の実証」

2016.10.27
Nano Science & Technology – 2016(@シンガポール)にて招待講演を行いました。
「Optical phase-locking technologies for optical communication, sensor and measurement systems」

2016.10
本を出版しました。
「基礎 情報伝送工学」 古賀 正文・太田 聡・高田 篤/著(共立出版より)

2016.9.19
電子情報通信学会ソサイエティ大会(@北海道大学)に参加しました。
「16値光QAM信号のコスタスループによるホモダイン検波」
「CPU制御ループフィルタによる20Gbit/s光QPSKホモダイン自動位相同期」
「多値QAM-WDM信号光とその位相共役光を用いた光ダイバーシティ伝送によるQ値向上」

2016.9.1
M2 久田君 筆頭論文
“Automatic Optical Heterodyne Phase-lock by Microcomputer-assisted Loop Filter”が
IEICE Communications Expressに採択されました。

2016.8
研究室4年生 中村、市坪両君が大学院に合格しました。

2016.7
OECC/PS 2016(@新潟)にて発表しました。Poster-session →写真はこちらLinkIcon
M2久田君「Automatic Homodyne Phase-locking for 20Gbit/s QPSK by Micro-computer controlled Loop Filter」

2016.5.2
論文”Optical diversity transmission using WDM signal and phase-conjugate lights through multicore fiber” が
OSA Optics Expressに採択されました。

2016.3.30
新たに卒論生4名が配属決定しました。荒金、市坪、中村、西君。顔合わせ初日。

2016.3.22
卒業式が行われました。

2016.2.23
卒業論文発表を無事に終えました。(1名)

2016.02.19
修士論文発表を無事に終えました。(5名)

2015.09.24
デンマーク工科大学にて講演しました。
"Nonlinear phase-shift cancellation by maximum-ratio combining WDM phase-conjugate diversity lights transmitted through multi-core fiber"

2015.07.24
研究室OB 京セラ 須田木 拓詞氏による新入生向け講演が行われました。
テーマ「目指せ!プロフェッショナル」

2015.07.17
電子コース特別講演が、ITU-T標準化議長をはじめグローバル経験豊かな岡村 治男氏(株式会社グローバルプラン代表取締役社長)をお招きして開催されました。
テーマ「グローバル技術者の素養」

2015.06.
ECOC2015採択 (European Conference on Optical Communication) 9月バレンシアにて発表

topbg_bot.png

topbg_top.png

NEWS


koga_top.png

就職に有利な電子工学を修めた学生は、産業業界のいずれの分野からも必要とされています。
電子工学はいつの時代も高い就職率を誇っています。

鶏口たらん!牛後となるなかれ!

集団の後方に位置する環境より、先頭を走る環境がその人の能力を高めます。

企業は大学名で人材を選びません。
本人次第です。

リーダシップのとれる環境を選択して、先端的研究開発経験を通して自らの能力を高めよう!
本人次第でいかなる企業でも職務遂行が可能なのです。


 大分大学 工学部 電気電子工学科 電子情報システム工学 教授 古賀 正文

topbg_bot.png

おすすめスポット

demophoto.png
光ファイバ通信について
デモンストレーションシステムを使って説明します
Fiber optic communication demonstration system

piflogo1.jpg
Superspeed photo Nick network development promotion conference


大分大学工学部リンク.png
Oita University engineering department


電気電子工学科リンク.png
Oita University Electric electronic engineering department.


optipedia_banner_new logo.png
Optipedia Laser handbook web edition.


交通アクセスリンク.png
Access





研究室訪問者数

アクセスカウンター
(2015年6月〜)